キャッシングにおけるATMとCDの違い

キャッシングとは、金融機関が個人に対して行う小口融資を指します。 キャッシングカードを使って、銀行や消費者金融のキャッシュディスペンサー機(CD)やATMからお金を引き出すカードローン形式が主流です。 銀行、大きな駅、大型スーパー、コンビニ、商業施設などで見かける「現金引き出し機」を全てひっくるめて「ATM」と称している傾向にありますが、 実は「キャッシュディスペンサー」か「ATM」のどちらかであり、両者は機能に違いがあります。

ATMは「現金自動預け入れ払い機」とも呼ばれ、利用日時や設置場所、機種による制限があるものの、 引出し、預け入れ、振込み、通帳記帳、通帳繰り越し、新規定期預金の申込み、解約など、多くの手続きが可能です。 銀行窓口と変わらない業務をこなす事から、「無人窓口」的位置づけにあります。 一方、キャッシュディスペンサーは「現金自動支払機」であり、預金の引き出しと残高照会、通帳記帳などの 簡易機能に留まります。 圧倒的に平日よりも土日・祝日の利用が増えるショッピング街やアウトレットなどの商業施設では、 クレジット会社が運営するキャッシュディスペンサーの設置が多いようです。

[注目情報]
消費者金融による即日キャッシング情報はこちらから・・・消費者金融 即日